苦労の多い医療業界で働く魅力

勤務体系が不規則なことが多く、大変なイメージがある医療業界ですが、その分やりがいや魅力も大きいといわれています。

何といっても最大の魅力は、辛い状況にある人に直接手を差し伸べ、手助けができるという点です。急な病気や怪我などがあると、実際の症状はもちろん、精神的にも不安に思うものですが、看護師の姿を目にしたり、「大丈夫」と声をかけてもらえたりするだけで多くの患者は心が落ち着くものです。専門的な知識を持つ医療のプロと認識されている人からのアドバイスは心強いので、直接的な処置の前に、まず患者に安心を与えることができます。また、治療に携わり、元気な姿を見送ることもできるので、看護師という職業はやりがいや喜びを感じることができます。

しかし、医療の現場にやって来る患者は、急患だけではありません。理学療法士や作業療法士ならば、一人の患者と過ごす期間も長くなります。治療やリハビリなど、長い時間を必要とするため、経過や状況を患者とともに見ながら回復に向かっていけるやりがいがあります。

また、医療業界で働いていると、災害や事故が起こった場合に、最前線で人命救助に携わることもあるかもしれません。非常事態での救命活動は危険を伴うこともあり、普段の医療行為とは状況が異なりますが、その分やりがいは大きく、社会の中で役立っていることを実感できるでしょう。危険な場所の最前線に立つ場合は良いことばかりでありませんし、多くの専門知識や経験を必要とします。しかし、誰かの役に立つということをダイレクトに感じられることは、それらを差し引いても大きな魅力といえそうです。