幅広い活躍ができる看護師の仕事

人々の健康を守る医療業界の職種でまず頭に浮かぶのは、医師や歯科医師であり、次に看護師や薬剤師、検査技師などが続きます。

その中で従事者数が最も良いのは看護師であり、次に医師と薬剤師の順になっているようです。従事者数が多い看護系は、看護師や准看護師、保健師や助産師に分類されており、それぞれで担う業務の幅は異なります。看護師は病院やクリニックなどにおいて、医師の指導のもと、病気や怪我などで通院する患者の診療を補助したり、入院している患者の世話をするだけでなく、その家族への指導なども併せて行います。しかし、准看護師の場合は、看護師よりも範囲が限定的で、医師や看護師の指導のもと、患者への診療の際の補助や入院患者の世話を担当します。

一方、助産師の場合は看護師とは一線を画し、分娩の際の介助や妊婦や乳幼児への保健指導などを行います。今や男性も看護分野に進出していますが、この助産師だけは女性限定の資格であり、その業務内容も特徴的です。また、保健師は、保健所に勤務するだけでなく学校や企業などの医務室にも勤務し、産業医の指示のもと、定期検診のサポートや社員や教職員への保健指導と、健康相談などを担当します。主に病院やクリニックに勤務して需要も高い看護系の職種ですが、近年では幼稚園や保育園などの幼児教育の場や、訪問看護や訪問介護への分野にも進出し、医療の知識や技術を活かして幅広い分野で活躍しているようで。

これらの職業は、それぞれが独立しているわけではなく、全ての分野や医療従事者と連携しています。しかも、個々の職場でもチームを組んで活動しており、医療の場だけでなく、地域活動にも参加して、私たちの身近な所で健康をサポートしています。そのため、人に尽くす仕事がしたい方や、医療のスペシャリストとして活躍したい人に向いている職業です。